公務員予備校で1回の受験で合格したい!面接対策もしっかりしたい!そう思いませんか?私はそう考えたので、独学をやめ公務員講座の学校を利用しました。

だけど予備校選びには頭を悩ませました。公務員を目指していた友人がいなかったので、リアルな情報がほとんどなかったのです。

そこで、こちらでは千葉県内の公務員予備校を調べ、当サイトの資料請求数と合格実績をもとにランキング化して掲載しました。

  1. LEC千葉本校→大卒公務員で上位合格

    公務員試験といえばレックというほど、大手予備校であり実績を残している学校でもあります。合格実績としては、大卒系の地方上級・国家一般職に強みがあり、高卒レベルを対象とした講座はあるものの、合格者の多くが大卒レベルなので、教養のみならず専門試験科目の指導力も高いといえます。そして毎年数々の試験で上位合格者を多く出している学校でもあります。

    LECの魅力は授業だけでなく、二次対策にもあります。特に「リアル面接シュミレーション」というLEC独自のサービスでは、なんと毎回の面接の様子を録画するという、あまりほかの学校ではみられない徹底ぶりです。もちろん、ここ千葉本校でもリアル面接シュミレーションは実施されており、毎年予約がいっぱいになっているようです。面接対策をしっかりやりたいという方には、おすすめの学校です。

    住所 千葉市中央区富士見2-3-1 塚本大千葉ビル(受付7階)
    アクセス モノレール千葉駅徒歩5分

    コース参考料金

    情報更新日:2018/11/2

    2019年合格目標(通学)
    スペシャル1番人気 324,000円
    市役所教養コース 200,000円

    ※入会金込・教材費込

    公式サイトで
    資料請求(無料)できます
  2. 東京アカデミー津田沼校→高卒大卒ALL生講義

    東京アカデミーは、全科目完全LIVE講義が大きな魅力となる学校です。今はどこの学校でも、映像授業がメインだったり、補助的ツールだったりしますが、この予備校はあえて映像講義は使わないという信念を持っています。休んだときは録音音声があるので安心です

    そして通いやすさを大切にし、開講時間帯を工夫しているのも良い点です。平日夜間と土日のセット、土日のみなど、忙しい大学生や社会人にも配慮されています。さらに関東校舎8校舎フリー受講という制度があるので、学校や職場に近い校舎で振替・重複受講出来るという点もポイントです。学校生活や仕事との両立ができるので、便利な制度ですね。

    対応職種は国家一般職から専門職、地方公務員であれば都府県庁、市役所、さらに警察官、消防官から技術職、資格職まで、ほぼ全ての職種があてはまります。

    合格実績は、地方公務員・公安系・高卒事務系・資格職に強いといえます。自治体研究がよくされているので、地方系の対策は手厚いです。そして警察官、消防官試験での合格者も多いですね。東京アカデミーは他資格として看護師・管理栄養士などの国家資格受験でも実績がありますが、それゆえ医療系技術職にも強いです。講師がひととおり揃っている強みがあるといえるでしょう。

    生講義で授業を受けたい方におススメの学校の1つが東京アカデミーといえます。

    住所 船橋市前原西2-14-2 津田沼駅前安田ビル9F
    アクセス JR津田沼駅徒歩2分

    コース参考料金(東京校)

    情報更新日:2018/11/1

    2019年合格目標
    国一般地上夜土/土日9月生 314,000円
    教養対策/消防コース9月生  180,000円

    ※入会金・教材費別

    資料請求すると、今後の試験日程のほか、教養と専門試験・論文と面接の攻略法などが載った公務員試験ガイドがついてきます。

    →併願プラン作成に便利です(^-^)

    公式サイトで
    資料請求(無料)できます
    東京アカデミー
  3. TAC津田沼校→大卒公務員

    TACもLEC同様大卒レベル試験では高実績の学校です。合格実績も最終合格者数まできっちりと公開できるほど多いです。行政事務だけでなく、警察や消防での大卒合格者も多いです。高卒レベルの試験は扱っていないのですが、そのぶん大卒レベル試験にエネルギーを注いでいる学校とも言えますね。

    こちら津田沼校では、生講義が開講されているので、直接指導を好む方にはピッタリの学校です。年間日程をみると、都庁、特別区、千葉県、千葉市、船橋市、柏市、松戸市、浦安市のゼミの予定が組まれていました。それだけ、千葉県周辺の自治体情報が集まっているとも言えますね。

    各種国の機関や自治体の業務説明会も頻繁に開催されているような学校です。情報収集は学校におまかせして、入学後は安心して勉強に集中できる学校といえます。

    住所 習志野市谷津1-16-1モリシア津田沼オフィス11F
    アクセス JR津田沼駅南口徒歩3分

    コース参考料金

    情報更新日:2018/11/2

    2019年合格目標
    総合本科生人気 NO.1324,000円
    教養型市役所本科 180,000円

    ※別途入会金10000円・教材費込

    公式サイトで
    資料請求(無料)できます
    資格の学校TAC
  4. 大栄新鎌ヶ谷アクロスモール教室

    大栄はビジネス資格を主に扱う資格学校。公務員受験対策も行われており、映像授業であるオンデマンドシステムを使って学習する方法で進められます。講座自体は割と古くから運営されており、一定の情報量とノウハウは期待できます。

    合格実績については、サイト上で公開されており、地方公務員の行政職員と警察官、消防官の割合が他校と比べ多いように思われます。合格体験記の執筆者や、コース内容からいって、大卒系より高卒系、専門より教養系に強い学校といえそうです。

    住所 鎌ケ谷市新鎌ケ谷2丁目12-1 アクロスモール新鎌ヶ谷1F「マテリアル新鎌ヶ谷」内
    アクセス 新鎌ケ谷駅より徒歩1分

    公式サイトで
    資料請求(無料)できます
    大栄公務員受験講座
  5. アビバ/教室通学で映像授業

    パソコン教室として全国展開しているアビバですが、近年は「資格スクールアビバ」としてビジネス資格の取得講座も取り扱っています。公務員講座もその一つで、受講方法はパソコンを使った映像授業となります。古くから公務員講座を運営してきた大栄の教材を使っているので、ノウハウ面は心配ないといえます。

    アビバ柏校

    住所 柏市柏1-2-35 ばいりん堂ビル7F
    アクセス JR柏駅 東口改札

    アビバ津田沼校

    住所 習志野市谷津1-16-1@モリシア津田沼7F
    アクセス JR津田沼駅 南口

    公式サイトで
    資料請求(無料)できます
    アビバの公務員講座
  6. 大原専門学校(千葉、津田沼、柏校)

    大原は専門学校として全国各地にあり、CMでも有名な学校ですが、公務員試験対策でも実績ある学校です。全日制の進学先としての専門課程のほかにも、学生さんや既卒受験生、サラリーマンの方でもコース受講できる社会人課程の2つのコースが設定されています。

    合格実績としては、警察官・消防官・自衛官などの公安系・高卒レベル試験の分野では特に強いといえます。教養レベルが高いといえますね。ですので、おすすめの職種としては、教養のみで受けられる試験での職種です。

    専門学校なので、専任講師が多く、いつでも質問できるという点もポイントです。受講前はあまり気にしないことかもしれませんが、講師への質問は他校であれば予約が必要な例も多くあります。それが予約不要でいつでも対応というのは、積極的に勉強したい受験生にとって大きなメリットになります。

    千葉校

    住所 千葉市中央区弁天1‐16‐2 
    アクセス JR「千葉駅」東口より徒歩1分

    津田沼校

    住所 習志野市津田沼1-1-1 
    アクセス JR「津田沼駅」南口徒歩1分

    柏校

    住所 柏市末広町10-1
    アクセス 「柏駅」より徒歩2分
    公式サイトで
    資料請求(無料)できます
    公務員【資格の大原】
  7. Wセミナー津田沼校→キャリアを目指す方!

    TACで運営するブランド校。国家総合職と外務専門職に強いといえば早稲田セミナーです。国家公務員の場合、単に合格すればいいのではなく、官庁訪問対策をしっかりとやり、内定しなければ意味がありません。その点、多くの総合職・外務専門職内定者を送り出してきたWセミナーであれば、膨大な情報があるので、受験生を分析する力を備えています。

    ですので、これらの分野での受験を考えている方にとっては、最適な選択肢となるでしょう。ちなみに津田沼校での講義は映像講義になります。

    住所 習志野市谷津1-16-1モリシア津田沼オフィス11F
    アクセス JR津田沼駅南口徒歩3分

    コース参考料金(2019年合格目標)

    情報更新日:2018/8/3

    国家総合法律本科 496,000円
    外務専門職 555,000円

    ※別途入会金10000円・教材費込

    公式サイトで
    資料請求(無料)できます
    Wセミナー

まとめ

千葉県内には公務員講座が多く、さらに学校や勤務先など通える範囲を広く設定している方が多いことから、選択肢が多く迷ってしまう方も多いことでしょう。クチコミや評判を知ることも大切なことですが、それでも最も大切なのはやはり自分の感覚です。ですので、できれば実際に学校へ行ってみて、説明会で職員の話を聞いたり、授業などを体験してみることは、評判を知ること以上に良い判断材料になるでしょう。

そして気になる学校は資料請求することも学校選びの基本です。資料でしかわからないことや、見落としている点を発見できることがあります。さらに、モチベーションの維持のキーとなる合格体験記、貴重な周辺自治体情報、視聴版DVDやクーポンなども手に入ることがあります。

ネットだけでみていきなり申込みするより、資料請求で内容を確認して、体験講義に参加して、最終的に学校を決めるのがベストです。

管理人は3校に資料請求しましたが、そのとき入っていたパンフに、公式サイトに掲載されていなかったコース(地元対策特化の安価なもの)が紹介されており、そのコースに決めました。それでは、良い学校選びができるようお祈りしています。