ガッツポーズをする男女

※2018年5月31日更新:東京アカデミーとLECの面接対策について最新情報に修正しました

近年の公務員試験は面接重視の傾向があり、いくら筆記試験を満点で通過しても、面接の結果次第では最終合格できずに二次落ちもあり得ます。それどころか、一次試験の合格者を面接で半数以上落とすことも珍しくありません。そのため、予備校を利用したか否かは、差が出るポイントとなります。

ハローワークやジョブカフェなど、無料で模擬面接を利用できる場所もありますが、公務員に特化した対策ではないため、若干不安が残ります。

一次試験は独学でなんとかなったとしても、二次試験は努力だけではどうにもならない面があります。ですので、ここでは面接対策のみ受けることが出来る大手公務員予備校を4校紹介します。

模擬面接の単科講座があるかも?予備校2校

まず知っておいてほしいのは、模擬面接を外部生が受けられる学校は少ないです。色々調べましたが、面接対策の講義だけなら単科受講できますが、模擬面接も常時単科で受けられる学校は見当たりませんでした。

ということで、ここで紹介した予備校が実際に現時点で模擬面接が受けられる状態なのかどうかは問い合わせしてみないことにはわかりませんので、その点はご了承ください。

東京アカデミー(地域限定)

東京アカデミーパンフレット
東京アカデミーは生講義をウリとした大手予備校ですが、一部エリアでは面接対策の講座があることを確認しました。

たとえば、東京アカデミーの東京校、渋谷校、大宮校などの関東エリアは要チェック!1次合格者限定で、合格先の模擬面接指導を受けることができます。1回60分で人数限定。受講料は5000円で、1人最大3回まで受講可能です。

東京アカデミーの受講生であれば、無料・回数無制限で受けることができますが、回数制限があったとしても単科生でも模擬面接を受けられる講座は少ないので貴重です!

ちなみに2018年は5月より受付スタート、先着順で定員になり次第締め切りとなります(関東エリアの場合)ので、他の校舎も事前に公式サイトのチェック必須です!現在第2ターム(2018年9月1日〜12月末)実施中です。

東京アカデミーの面接試験対策講座(PDF)

さらに東京校では、面接試験に特化したコースも実施しています。面接概略・マナー・自己分析・想定質問攻略・面接カードの書き方・自治体研究・集団面接と集団討論実践・模擬面接3回という大変濃い内容となっています。(2018年7/7・7/8実施)

2018年度受験面接試験特化コース(東京校)

東京アカデミー所在地
北海道/東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川
中部 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知
近畿 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山
中国/四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州/沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

公式サイトで
資料請求(無料)できます
東京アカデミー

LECのリアル面接シミュレーション

2018年11月現在、コース生のみ受付となっており、外部生は受けることができないようです。

LECには「リアル面接シミュレーション」という名称で模擬面接を実施しています。元公務員や人事担当者による本番に近い面接を行い、面接の様子をiPadで収録し、客観的に対策を立てるといったものです。

当日の流れは、模擬面接20分+講評25分の計45分です。面接実施後講師への質問も可能です。

この面接対策は、外部生も10,000円で受けることができます。内容を考えると、とてもリーズナブルです。

残念ながら、関東エリアでは外部生の受付を行っていないようです。その他のエリア(札幌・仙台・静岡・名古屋・関西エリア・岡山・広島・松山・福岡・那覇)は実施の可能性があるので公式サイトをご確認ください。問い合わせが多く、予約が取れないこともあるとのことですので、早めに連絡した方が良いでしょう。

リアル面接シミュレーションとは

そのほか、関東にお住まいの方には面接ゼミもおススメです。こちらは一般価格だと30000円程度かかりますが、東京都や特別区・国家一般職などに向けて少人数制での濃い指導が受けられます。

LEC所在地
北海道 北海道
東北 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川
北陸 富山 石川 福井
甲信越 山梨 長野 新潟
東海 岐阜 静岡 愛知 三重
近畿 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島
沖縄 沖縄

模擬面接なしの単科講座がある予備校3校

模擬面接なしということであれば、予備校に資料請求するとパンフレットにも単科講座が掲載されています。

TAC(講義のみ)

TACの面接対策

TACは面接対策講義と官庁訪問対策講義を単科講座で受けることができます。これらは講義のみの提供となっており、模擬面接・模擬集団面接・模擬集団討論・面接カード添削は含まれませんとの注意書きがあります。

講義を受けて、面接のポイントを把握しておきたい!という方には良いですね。料金は1万円前後で、教室講座のほかWebやDVDの通信講座もあります。



クレアール(講義+面接シート添削)

クレアールの面接対策

クレアールは、Web通信に特化した学校なので、パソコンやスマホなど通信回線がある方なら誰でも受講できます。

単科講座の面接対策では、講義に加えて面接シート添削が受けられます。通常の面接対策のほか、経験者面接コースもあります。添削も含まれることを考えると、リーズナブルな講座ではないでしょうか。

資料請求で公務員試験の合格体験記が載ったパンフレットGET
→割引情報を見逃すな!

公式サイトで無料資料請求できます
クレアール公務員カレッジ

まとめ

面接対策のみ受けることができる予備校は非常に少ないです。まあ考えてみたら当然ですが、予備校はコース生の対策を優先させたいわけです。合格実績になりますから、当然ですね。

しかも最近はどの学校でも、「コース生は模擬面接の回数無制限」といったことが普通に行われています。そんなわけで、外部生にかまっている時間もリソースもないということです。単科講座が受けられる予備校が少ないというのも納得できますね。

まずは自分の地域にどういった予備校があるのか把握し、その予備校に直接問い合わせるのが確実です。受けられそうな予備校がない場合、ハローワークやジョブカフェといったところで無料で面接対策を実施していることもありますので、そうしたサービスを利用するのも一つの方法です。