資格の学校TAC

総合評価
3.80 (55件)
平均費用
299,471 円
(通信:205,143 円)
レベル
大卒
対応職種
国家一般職/地方上級/市役所/技術職/国家総合職/国税専門官/財務専門官/裁判所一般職/労働基準監督官


講座の特徴

  • TACは「大卒レベルの公務員試験に強い」ことが大きな特徴です。
  • 公式サイトによると、2016年度の公務員講座生最終合格者延べ人数は、大卒程度の地方公務員で2924名、大卒程度の国家公務員で2631名、公務員講座生の最終合格者延べ人数は5662名となっており、幅広い職種で合格者がいることがわかります。大卒レベルの公務員予備校の合格実績の数字としては、トップレベルといってよいでしょう。
  • 通学講座の場合は録画講義ではなく生講義での開講が多いです。
  • 本科生受講の場合、講義音声のダウンロード標準装備。回数無制限の模擬面接で2次対策も万全です。

※カウント法などの詳細は公式サイトにてご確認ください