2018年度合格 あやのさん(21歳女性)からの投稿です

裁判所事務官大卒程度一般職最終合格の合格通知

述べ学習期間

8ヶ月

受験は何回目ですか

1回目

受験結果

裁判所事務官大卒程度一般職:最終合格
国家一般職大卒程度行政関東甲信越:最終合格
特別区行政事務:最終合格
S市事務行政:最終合格

主な勉強方法

予備校・専門学校(LEC東京リーガルマインド)

得意科目

文章理解

不得意科目

数的処理

役に立った教材

教養対策
公務員試験過去問新クイックマスターシリーズ
日本史・世界史、文章理解、数的処理、高速マスター人文科学

専門対策
公務員試験過去問新クイックマスターシリーズ
憲法、民法I・Ⅱ、行政法、ミクロ経済学、マクロ経済学、行政五科目まるごとパスワードneo

面接
公務員試験必勝倶楽部 面接パーフェクト講座

勉強方法(教養/専門/論文etc)

教養試験
教養対策は、まずLECのウェブ講義をみて、あとはひたすらクイックマスターを解いていました。数的処理は5周、文章理解は1周、そのほかの教養科目は2周を目安に、間違えた問題を中心にとにかくたくさん解くことを心がけました。

人文科学や生物や化学、地学等の暗記科目は、解説のページに自分なりの解釈やゴロなどをどんどん書き込んで、クイックマスターを見れば全ての情報がわかるようにしていました。数的処理や物理などの理系科目は、わからない問題はすぐに解説をみて、解き方を覚えるようにしていました。文系の人は特に自然科学の科目を捨てる人も多いですが、まずはどんな問題もやってみるようにして、できる問題を極力増やすように心がけました。

専門試験
専門対策も、基本的には教養科目と同様に、まずはLECのウェブ講義をみて、あとはクイックマスターをひたすら回していました。憲法、民法、行政法、経済学などの基本科目は5周、政治学等の学系科目は2.3周を目安にしていました。法律系の科目は、解説のページに、問題を解くのに必要な条文や判例を書き込んで、できるだけ条文通りに理解できるようにしていました。

また、経済学はとにかく苦手だったので、LECのホームルームも利用していました。クイックマスターでは、似たような問題でも違う解き方をしていることが多かったので、自分が解きやすい解き方を見つけてなるべく同じ解法で解くことでだんだんと解けるようになったと思います。

論文試験
論文対策については、LECの論文道場の講座をとり、自分で書いた論文を先生に添削してもらっていました。本番までに、自分なりに完璧にした論文を10テーマ用意しておきました。

勉強方法(面接試験対策)

面接対策については、LECの模擬面接と、必勝倶楽部の面接パーフェクト講座を利用しました。

LECの模擬面接では、自分で面接している姿をスマートフォンで録画し、あとで客観的に振り返りました。話し方の癖などはそれで直すことができたと思います。

また、必勝倶楽部の講座では、面接カードの添削もしてもらえたので、早めに面接カードは準備し、提出前に必ず2回は添削してもらうようにしていました。また、動画での面接練習もできたので、基本的な質問をきちんと答えられるように、1つ1つ準備をしっかりしておきました。また、インターネットで面接体験記を検索したり、LECの過去の先輩方の面接の記録を見て、頻出の質問などはチェックしてリストを作り、全て答えられるようにしておきました。

試験を受けた感想(筆記・論文・面接etc)

筆記試験については、もともと自信があったこともあり、全体的に落ち着いて解けたと思います。わからない科目もありましたが、捨て科目を作らないで幅広く準備をしておいたおかげでカバーできることが多かったです。

逆に論文試験は、途中で焦ってしまうことが多く対策不足だったと思います。論文を時間内に解く練習をあまりしていなかったので、時間をきちんと測って、最後まで丁寧に書く練習をもっとしておくべきだったと感じました。

面接については、穏やかな面接官の方が多く、自分らしく話すことができたと思います。回答に詰まることがあっても、一生懸命話すという姿勢を見せることだけは気をつけていました。私は、予備校の先生にしていただいた模擬面接の方が本番よりも厳しく感じたので、そういう意味で緊張せず本番の面接ができたのが良かったと思います。

受験生へアドバイス

公務員試験は、きちんとこつこつ勉強できれば合格できる試験だと思います。筆記に関しても基本問題だけきちんと取れればいいので、あまり難しい問題ができなくても落ち込まずに頑張ってみてほしいです。

面接も自分らしく笑顔で話すことが1番大事だと思います。公務員試験は長期間の戦いになりますが、頑張ってください。